オススメTED Talks「良いアイデアの源泉」スティーブン・ジョンソン

オススメTED Talks「良いアイデアの源泉」スティーブン・ジョンソン

このTED Talksは以下について話しています

  • 良いアイデアはどうやって生まれるのだろうか

要点

17世紀、ヨーロッパにコーヒーショップが登場します。

それまで人々は毎日昼からお酒を飲んでいました。
水が安全ではなかったのでこれは正しい行動ですが、市民全員が1日中酔っぱらっている世界というのはどうなるか想像に難くありません。

しかし、コーヒーショップの登場によって、人々はカフェインによって覚醒し、良いアイデアが浮かぶようになりました。
コーヒーショップは様々な知識経験を持つ人が集まる社交場となります。

さて、このコーヒーショップの構造に注目してみましょう。
様々な経歴を持つ人たちが集まり、そこでは様々なアイデアが飛び交います。
この時代の革新的な出来事を紐解いていくと、その歴史のどこかにはコーヒーショップが関わっています。


私たちはアイデアが生まれる瞬間に対して、「閃光が走った」といった表現を用いて天啓のように称しますが、実際にはアイデアは単独で突然降ってくるものではありません。
実際には様々な出来事が脳内でネットワークを形成し、新しい組み合わせを作る時にアイデアになります。

革新と称されるアイデアの多くは、既存の概念の一部を変えています。
他の人から聞いた話を、自身の脳内ネットワークに落とし新しい形ができることで、新しいアイデアが生み出されます。


私たちは知的財産権でアイデアを保護しています。
アイデアを保護することは大切なことですが、同様に様々なアイデアをオープンにして繋げていくことも考えなければなりません。

オープンイノベーションという考え方。
多くの人が触れることによって、一人では思いつきもしなかったアイデアが生まれます。