【仕事がうまくいかない人へ】できる社会人が身に着けている「社会人基礎力」を意識しよう!

【仕事がうまくいかない人へ】できる社会人が身に着けている「社会人基礎力」を意識しよう!

この記事はこんな悩みや疑問に答えます!

・社会人になり、仕事がうまくいかないので困っている
・学生時代の勉強や部活動と違って、どうすれば成長できるのかがわからない

(新入社員1年目のAさんの悩み)

よろしければ以下の音楽を流しながらご覧ください。

はじめに

学生時代は勉強やスポーツなど一定の道が示されており、努力の方向性も明確でした。しかし、社会人になると誰も正解を教えてくれないため、自ら道を創り出さなければなりません。

人生100年時代。
20歳の人はあと80年も社会で生きることになります。

社会で生き抜くためにはどのような力が必要なのか。
その解として、経済産業省が「社会人基礎力」というものを提唱しています。
(参照元:https://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/index.html

学生時代の勉強やスポーツと同じように、成長するためには、何をどうするのがよいかという指針が必要です。

「社会人基礎力」の要項を通じて、私たちは社会人としてどういった能力が社会から求められているのかを考えてみましょう。

社会人基礎力の概要

こちらは経済産業省の同サイト内でフリー素材として提供されている概要です。

それぞれの言葉ですが、スキルやOSやアプリやアップデートという例え、IT業界以外の方には伝わりますでしょうか。

スキルというのはそのままの意味で技術です。

OSというのはオペレーティングシステムの略で、WindowsとかMacのことを指しておりまして、オペレーション、つまりコンピューター全体の管理をするものです。

アプリというのはアプリケーションの略で、ExcelやWordなどを指しておりまして、便利な道具と言い換えてもよいかもしれません。

例えば、大工さんでいうと以下のような関係性です。
OS=使う人:大工さん
アプリ=使う道具:かなづちやのこぎり

そして、アップデートとは更新です。
ざっくり言うと、成長していくこと、です。

混在してしまいそうになるのですが、道具をうまく扱えるようになることと、人自身の成長は分けています。
「いくら技術が優れていても、あいつは人として成長していない」なんてセリフありますよね。

では、社会人として成長するためにはどうすればよいのでしょうか。

社会人基礎力の定義

いったん、ふ~んで流してみていただいて要点だけ抑えてみましょう。

・前に踏み出す力とは?
指示待ちにならず、一人称で物事を捉え、自ら行動できるようになること

・考え抜く力とは?
論理的に答えを出すこと以上に、自ら課題提起し、解決のためのシナリオを描く、自律的な思考力

・チームで働く力とは?
グループ内の協調性だけに留まらす、多様な人々との繋がりや協働を生み出す力

う~ん、わかったようなわからないような、もう少し意訳してみます。
これってどんな人になるかというと、

・お互いの利害関係を一致させ
・現状を正しく把握し
・うまく話せて
・聞き上手で
・ルールや約束を守り
・メンタルが安定している人


そして、
・困難な問題が起きても、分析をして課題を発見し
・解決までの道筋を立てることができ


そして、
・主体的に周囲に働きかけ
・実行していく力のある人


と、なります。

おいおい、そいつぁちょいと厳しくないですかね?

資料にはこのように書かれています。

初期に身につけておくってもう社会出ちゃってますけど!
無理なんですけど!

そんな声が聞こえてきそうですが、大丈夫です!

これらを完璧にできている人なんて、ベテランの社会人でもそうそういません。
アップデートしていきましょうという話です。

目的・学び・統合のバランス

資料はこのページで最後です。
簡単に言うと、目標に向かって努力し続けなさいということ。

そのためには、
・なりたい自分を想像し
・そのために何が必要かを学び
・学んだことを実践してみる

を繰り返し、その都度振り返りをしましょうという話です。

まとめ

人生100年時代。
私たちは社会で、長く働き続けなければなりません。

そのためには日々成長が必要で、

成長において意識すべき軸は、
・前に踏み出す
・考え抜く力
・チームで働く力


もちろんこれらは一朝一夕で身に付くものではないので、

・なりたい自分を想像し
・そのために何が必要かを学び
・学んだことを実践してみる


というサイクルを回し続けていきましょうという話でした。

今回はあくまでも指針であり、この指針を軸に成長を意識するというのが第一歩ではあるのですが、具体的なHowも知りたいというところかと思います。

当ブログでは他のページでも課題から逆引きしたり、要所でのハウツーを今後も拡充していきたいと考えておりますので、何卒よろしくお願いいたします。

最後に、本文章が良いと思った方にオススメの本がこちら。
よかったらぜひ読んでみてください!